上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
昨日、ドッグシェルターによって、
また動物愛護センターから1つの命が救い出された。

トイプードルの成犬。女の子。

その子を覆う毛は、
鎧のように固く、体にへばりついてバリカンの刃が入らない程になっていたらしい。
その姿は、苦しくて直視し難い。

その毛をカットすると、
なんと体重は1.1キロ!

3キロから5キロあって普通の犬種。

ばふぃが生後2ヶ月半くらいの時、
1.2キロだったことを考えても、
あり得ない程痩せているのがよくわかる。

しかも、前肢を骨折。

そして、
保護された場所は…
あの「夢の島」

…言葉を失うでしょ?

オフィスも住居もない場所。


明らかに、人の手で捨てられた。
悲しいけど、事実。


「命は物じゃない!」

そんな当たり前のことが分からない人間がいることに人間として恥ずかしくて悲しくて…
何とも言い表せない憤り。
胸が締め付けられる。



一方で「命は物じゃない!」と、
救おうとする人間がたくさんいることに温かい気持ちになる。少しほっとする。

センターで職員が彼女の骨折した前肢に添え木をして簡易のギブスをしてくれていた。

そして期限を迎え…

保護団体さん、そして、一時預かりさんが一緒に引き出してくれた。

預かりさんが固くまとわりついた毛を丁寧にカットしてくれた。

これから、医療措置に耐えられる体力をつけていくのが当面の目標に。
(体重増やさなきゃね)

そんな風に、彼女、1つの命を救おうと懸命に尽力する人たちにサポートされ、
幸せ探しがスタートした。

彼女につけられた名前、
「メイプル」


メイプルがどんな過酷な状況だったか知ることはできない。
でも、これからは大丈夫!
幸せしか待ってない。
過去の記憶は消せないかも知れないけど、
辛い思いをした何十倍、何百倍、何千倍も幸せな思いをして欲しい。


幸せな犬生の始まり。
本当に良かった。



メイプル、生きててくれてありがとう。

2012.09.22 Sat l 犬のこと l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://baffytoohisama.blog.fc2.com/tb.php/271-6c0ec693
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。